2010-11-23 22:17 | カテゴリ:1/20 LIGIER JS11 FORD (Ta)
次回作のフレンチブルーシリーズJS11のデカール、日光漂白を繰り返し過ぎて、白くなるより亀裂が入ってしまいました。使い物になりそうにないので、エッフェでリペイントデカールをGETしました。
DSC00958.jpg
KITのデカールがアイボリーにしか見えませんねぇ。
スポンサーサイト
2010-11-23 22:05 | カテゴリ:1/12 BRABHAM BT44B (Ta)
今日は朝早くからゴルフでした。右の山から左の谷へ・・・、1日中良く走り回りましたワ。
夕方に時間がとれたので、制作を進めます。まずはオイルクーラーステーの取り付け。
DSC00959.jpg
続いてエキゾーストパイプの取り付け、左側から。
DSC00960.jpg
なんてこったい、丸見えなところに押し出しピンの跡があるじゃありませんか・・・!?
DSC00961.jpg
うーむ、これから修復するのもあんまりなので、見なかったことにしておこう。
じゃあ、続いて右側のエキゾーストパイプも取り付けて・・・、
DSC00964.jpg
下から見るとこ~んな感じになります。
DSC00962.jpg
引き続き、リアアップライトの取り付けに進みましょう。まずは右側、
DSC00965.jpg
続いて左側・・・と思ったら、やっちゃいました・・・!?
ダンパーを取り付けるのに、上と下から指で押さえてパチッとはさむんですが、力を入れた瞬間に下の指が離れてしまい、ステーを折ってしまいました。
DSC00966.jpg
DSC00967.jpg
んー、次回に洋白線で軸打ちをして修復しとかなきゃいけませんね。なかなかすんなりとは進みませんな。
2010-11-22 21:38 | カテゴリ:1/12 BRABHAM BT44B (Ta)
今日は飛び石連休の中日ですが、休みです。ただし、午前中仕事を済ませて午後から整骨院へ行ったので、夕方1時間ちょっとしか時間が取れませんでした。
で、2mmのモデラーズのラジエターホースにエナメル線を通してくせをつけてパイピングしていきます。
まずはフュエルポンプライン。
DSC00951.jpg
DSC00952.jpg
続いてオイルポンプライン。
DSC00953.jpg
右側ウォーターライン。
DSC00954.jpg
左側ウォーターライン。
DSC00955.jpg
オイルタンクからオイルポンプライン。
DSC00957.jpg
DSC00956.jpg
というところで時間切れとなってしまいました。
明日は3年ぶりのゴルフですが時間が許せば引き続きパイピングを進めましょう。
2010-11-21 21:10 | カテゴリ:1/12 BRABHAM BT44B (Ta)
今日はGOODYEARのデカール貼りです。1日半ほど日光漂白してみましたが、あまり変化が見られません。
DSC00947.jpg
ま、これ以上やってもデカールが痛むだけなので、貼っていきましょう。
DSC00948.jpg
DSC00949.jpg
左の翼端板のDのところが折れ曲がって、黒が欠けちゃいました。後でタッチアップしとかなきゃね。
ドライブースに入れて乾燥させておいて、パイピングの準備にかかります。
まずはウォーターラインのパイピング。2.5mmのメッシュパイプに2.0mmのスプリングを仕込んで取り付けます。
DSC00950.jpg
パイプとスプリングをゼリー状瞬着で一体化させて、端はほつれないようにはんだゴテでまとめておきます。
次回は、更にオイルラインのパイピングも準備してから、取り付けにかかりましょう。
2010-11-14 21:26 | カテゴリ:1/12 BRABHAM BT44B (Ta)
今日も放送大学、面接授業2日目でした。
デカールを切り出して、いざ貼ろうと思ったら、
DSC00939.jpg
旧版のGOODYEARのニス部分が黄ばんでいるじゃありませんか。
DSC00940.jpg
ちょっと写真じゃ見えにくいかもしれないですが・・・、ベースカラーがホワイトなんでちょっと目立ちそうです。今度の連休で半日程度日光に当ててみて、マイクロスケールのリキッドデカールフィルムでコーティングしてからじっくり貼りましょう。
仕方がないので、エンジンでも合体させときましょうかね・・・。
まずはフロントのスタビを連結させといて、
DSC00942.jpg
エンジンの合体~!!
DSC00941.jpg
ちょっとアングルを変えて・・・、
DSC00944.jpg
次回は、リアウィングのデカール貼りからクリア掛け、パイピングからエキパイ、リアアップライトの取り付けへと進みましょう。
2010-11-13 22:09 | カテゴリ:1/12 WOLF WR1 FORD F1 (Ta)
続いて1/12、こちらも説明図にエッチングパーツ、カルトグラフのデカールにシートベルト、インレットマーク。
DSC00938.jpg
GOODYEAR部分だけは元のKITのを使おうと思ってますが、GOLDの色合いが微妙に違ってそうです。1/20は元のKITがカルトグラフのデカール付の再販物なのでそっちは大丈夫ですが・・・!?
2010-11-13 22:05 | カテゴリ:1/20 WOLF WR-1 FORD (Ta)
先日再販されたタミヤの1/20と1/12のWOLF、ともにKITがあるので、リニューアル分だけカスタマーサービスに請求しておいたんですが、今日届きました。
まずは1/20。
DSC00936.jpg
説明図にエッチングパーツ、金属製のエアファンネルカバーを注文したんですが、エアファンネルカバーとBパーツが同梱設定しかないそうで、ボディパーツまで届いちゃいました。
DSC00937.jpg
2010-11-13 21:59 | カテゴリ:1/12 BRABHAM BT44B (Ta)
今日は放送大学の面接授業の1日目でした。今回は「微生物」の講義です。天気が良いので、自転車で通学です。
帰ってから、ちょっと制作!!
前回塗り残していたオイルタンクのロックナットをエナメルのクリアブルーで塗装。
DSC00934.jpg
リアウィングのフラップ部をピュアブルーでエアブラシ。
DSC00935.jpg
これで一晩乾燥させて、明日はデカール貼りへと進めます。
2010-11-09 23:37 | カテゴリ:1/20 McLAREN M23 (Ta)
今日は平日ですが、急遽M23の化粧なおしです。
実は、お客さんの施設で文化祭を開くので出品の依頼を受けてしまいました。
で、早速シートベルトを買ってきて、
DSC00928.jpg
制作を始めたものの、モノが小さくて、セットしようとするたびにエッチングはどこかへ飛んでいくは、シートベルトシートは思わぬところに張り付くは、でめっちゃ手間取ってしまいましたが、約2時間の格闘の末、なんとか形になりました。
DSC00930.jpg
ミラーシート付のディスプレイケースにセットして、出撃準備完了です!!
DSC00929.jpg
DSC00931.jpg
DSC00932.jpg
2010-11-07 21:30 | カテゴリ:1/12 BRABHAM BT44B (Ta)
昨日に引き続き、こまごま細かい作業が続きます。
リアバルクヘッド近辺のフュエルタンク部品の取り付け。
DSC00917.jpg
フロントスタビライザーの取り付け。
DSC00918.jpg
メーターパネルにデカール貼り付け。
DSC00920.jpg
メーターパネル、ロールバーの取り付け。
DSC00922.jpg
オイルラインのロックナットをエナメルのクリアブルーで塗装。
DSC00925.jpg
このあたりのクロームシルバーが溶けて混ざってしまうので、なんでかなぁ?とペイントマーカーをよくよく見たら、エナメルじゃないですか・・・!?ガ~ン、ショック!!
気を取り直して、クリアブルーを塗ってしまいましょう。
DSC00926.jpg
DSC00927.jpg
次回は、シャーシ、エンジンの合体から、パイピングです。じゃ、ちょいと仮組み。
DSC00923.jpg
DSC00924.jpg
あっ、オイルタンクのロックナットを塗るの忘れた・・・。エナメルだから乾きが悪いのに~。
ま、来週土日は放送大学の面接授業があるので時間が取れないだろうから、クリアブルーだけ塗ってドライブースに入れておこうっと!!
2010-11-06 21:36 | カテゴリ:1/12 YAMAHA YZR500 (Ta)
YZR500のカウルも吹いておきましょう。
DSC00908.jpg
DSC00909.jpg
やっぱりファンデーションホワイトじゃあ隠ぺい力が弱いので、フィニッシャーズのラッカーパテの緑色が隠せませんねぇ。
急がば回れで、ファンデーショングレーから吹かないとダメですね。
ファンデーションホワイトもほぼ乾いたようなので、ピュアホワイトで本塗装しておきましょう。
DSC00910.jpg
2010-11-06 21:24 | カテゴリ:1/12 BRABHAM BT44B (Ta)
今日は天気が良いのでエアブラシを吹きまくりです。
まずはファンデーションホワイト。
DSC00908.jpg
ドライブースで乾かしている間に、メーターケーブルジョイントを細工しときましょう。KITのビニールパイプでは太すぎるので、メーターケーブルもモデラーズのブレーキラインを使用します。芯線で固定できるように、0.6mmのピンバイスで穴を開けておいてからクロームシルバー塗装します。
DSC00911.jpg
ファンデーションホワイトもほぼ乾いたようなので、ピュアホワイトで本塗装しておきましょう。
DSC00910.jpg
続けて、さっきのジョイントとオイルタンクをクロームシルバーで吹いて、一緒にドライブースへいれておき、乾燥させてる間にこまごまと制作しときます。
まずはオイルパイピングのジョイント部分にペイントマーカーのクロームシルバーを筆にとって塗っておきます。
DSC00912.jpg
次回、エナメルのクリアブルー、クリアレッドを筆塗りしてからパイピングにかかります。
つぎに、イグニションコイルをパイピングしてから、カムカバーを取り付け。ちょっとテンションがかかるので、マルチクリンプで押さえておきます。
DSC00914.jpg
DSC00915.jpg
明日はついに、シャーシとエンジンの合体です。そろそろ大詰めですね。
2010-11-03 20:39 | カテゴリ:1/12 BRABHAM BT44B (Ta)
昨日は中学時代の同級生と飲み会ではしゃいでしまったので、朝はゆっくりめに起きたあと、昼過ぎにかけて奥さんのご用を済ませて制作です。
リアウィングの塗装が剥げちゃった部分にパテ盛りして、2度目のファンデーションホワイトです。
DSC00902.jpg
ファンデーショングレーを省略しているので、グリーンのパテが透けて見えますねぇ・・・!?
DSC00903.jpg
週末にファンデーションホワイトをもう一吹きしておいて、ピュアホワイト塗装に移りましょう。
ドライブースで乾燥させてる間に、エンジン周りを進めます。
一度エナメルで塗っておいたカムカバーのFORDロゴ、仮組みを繰り返すうちに薄まってきたので再塗装です。
DSC00904.jpg
で、そのカムカバーのイグニションコードのパイピング。
DSC00905.jpg
先にカムカバー側につけると、ディストリビューター側が着けにくい!!で仕方なくスロットルプレートをはずして、ディストリビューター側から先に着けることにしちゃいました。
DSC00906.jpg
DSC00907.jpg
次回また、乾燥待ちにパイピングを進めることにします。