2009-12-31 22:30 | カテゴリ:1/20 McLAREN M23 (Ta)
今日は大晦日!
なので短縮版です。昨日のゼリー状瞬着を、400、800、1200、2000のペーパーと、4000、6000、8000のラプロスで整形して、洗剤にてクリーンアップ!!
DSC00394.jpg
DSC00395.jpg
コイツをドライブースで一晩乾かして、グレーサフ吹きから2010年の模型なゆうさんは開始するのです。
スポンサーサイト
2009-12-30 21:48 | カテゴリ:1/20 McLAREN M23 (Ta)
一晩乾燥させたインダクションポッドを整形しましょう。乾かしてみると、結構引けてます。400番のペーパーで乾研ぎしてみました。
DSC00386.jpg
DSC00387.jpg
段差があまり改善されてないので、TAMIYAのゼリー状瞬着で盛り直しです。
DSC00389.jpg
DSC00390.jpg
コイツもまた一晩置いて、乾燥させましょう。その間にBT44Bのエンジン・ミッションにもウェイトを仕込んでおきましょう。
DSC00392.jpg
DSC00393.jpg
これで、リアのタイヤに負荷がかかり、アームに緊張感が生まれると思います。(知らない人には見た目ではわからないかな?・・・自己満足の世界?)
明日は、もう一度接着部分の修正だ!
2009-12-29 23:22 | カテゴリ:1/20 McLAREN M23 (Ta)
じゃあ、早速黒い瞬着を使ってインダクションポッドの接着面を盛っておきましょう。
DSC00380.jpg
DSC00381.jpg
今回は過ちを繰り返さないように、ドライブースで一晩置いて乾燥させましょう。
続いてコードレスルーターで、放置していたホイルを削ってみると、
DSC00378.jpg
さすがに、苦もなく滑らかに削れていきます。楽チンです。
最後にエンジンにウェイトを入れておきましょうかねぇ。
DSC00384.jpg
DSC00385.jpg
さて、明日は瞬着を均して、表面を整えましょう。そのほかボディの塗装もね。
2009-12-29 23:20 | カテゴリ:ツール・塗料などのはなし
最後に、ホイル削りやタイヤ磨き用のコードレスルーターに、パテ用の黒い瞬着、ボディやエンジンのウェイト用のMr.クレイ2。
DSC00376.jpg
2009-12-29 23:18 | カテゴリ:1/24 ESPO LARROUSSE LC90 (Ha)
ヤフオクでGETした1/24ESPO LARROUSSE LC90、亜久里の鈴鹿3位表彰台モデル。2009年の42番。
DSC00370.jpg
2009-12-29 23:15 | カテゴリ:1/20 PIT CREW A&B (Fu)
続いてFUJIMIの1/20ピットクルーセット2種に前回来てなかったF187/88エッチング。2009年の40番41番、1,600円×2、1,920円。
DSC00374.jpg
DSC00375.jpg
DSC00373.jpg
2009-12-29 23:13 | カテゴリ:1/12 HONDA RC166 (Ta)
同じくTAMIYAの1/12RC166。2009年の39番、3,822円。
DSC00371.jpg
ディティールアップパーツのメタルチェーンとアルミ削り出しホイールも入荷、2,880円、4,480円。
DSC00372.jpg
2009-12-29 23:10 | カテゴリ:1/20 FERRARI F60 (Ta)
年末の忙しさもひと段落して、ちょっとのんびりできそうです。年末怒涛の1/20F1シリーズ。予約していたKITを取りに行ってきました。
まずは眠りから醒めたTAMIYAのF60。2009年の38番、3,675円。
DSC00369.jpg
さすがTAMIYA。箱を開けるとなつかしいような、ホッとする感覚を覚えますね。お帰りなさい!!
2009-12-23 20:41 | カテゴリ:1/20 McLAREN M23 (Ta)
前回に引き続きウィングとインダクションポッドを整形を終えて、ボディのピュアホワイト2回目。
DSC00353.jpg
DSC00356.jpg
エアブラシを掃除して、グレーサフ吹き。
DSC00359.jpg
と、ところがしっかり洗剤で洗ったはずなのに、コンパウンドの脂分が落ちてなかったようで、はじいちゃいました。
DSC00360.jpg
ペーパーで均していると、接着部分が掘れてしまい段差がついちゃいました。こうなったら、瞬着で・・・。
DSC00361.jpg
コイツを乾かして整形まで済ませてしまおうと、ドライブースじゃ間に合わないので電気ストーブの前で、くるくると・・・、
あ、あ~っ!!
DSC00363.jpg
ストーブのガードパイプに当たったようで、変形・・・へ・ん・け・いしてしまった~っ!!
Oh My GOD!!
30年前の残骸から部品取りするしかないか・・・!?
DSC00365.jpg
パリパリのデカールを剥がして、
DSC00366.jpg
接着して、次回を待ちましょう・・・。
DSC00367.jpg
次回は接着部分のパテ盛り、整形ですね。こうなったらあわてず騒がず、じっくり進めましょう。
2009-12-20 21:36 | カテゴリ:1/20 McLAREN M23 (Ta)
1回目のサフも乾いたところで塗装面のチェック。気になる部分にパテ盛りしときましょう。
リアウィング表面。
DSC00347.jpg
裏面。
DSC00348.jpg
インダクションポッド左側。
DSC00349.jpg
上側。
DSC00350.jpg
ドライブースで乾燥させちゃいましょ。
リアウィング裏側は薄盛りだったせいか以外に早く乾いたようで、800、1200のペーパーと4000、8000のラプロス仕上げで出来上がり!
DSC00352.jpg
このまま乾燥させておいて、23日に仕上げから、2回目のグレーサフ吹き、ボディ上下は2回目のピュアホワイトで仕上げといきましょうか・・・!
2009-12-17 23:50 | カテゴリ:模型なゆうさんのはなし
やりましたね、小林可夢偉!!ザウバーの正ドライバー決定です。
ここのところF1の日本勢は寂しいニュースばっかりでしたが、一筋の光明ですね。
できれば琢磨にも乗ってもらいたいものですが、なかなか難しいですかね?
これで、2010年のF1観戦も楽しみが増えました。どこか来年の年末にモデル化しませんか?
2009-12-13 19:56 | カテゴリ:1/20 McLAREN M23 (Ta)
インダクションポッドも昨日のリアウィングと同様、800、1200、2000の耐水ペーパーに、4000、6000、8000のラプロス仕上げで完了。
DSC00343.jpg
中性洗剤で洗ってファンデーショングレー吹きまでいっちゃいましょう。
DSC00344.jpg
ついでにマルチプライマー処理しておいたリアウィング翼端板も吹いておきましょう。
DSC00345.jpg
よしよし、来週は表面を整えてファンデーションホワイト・ピュアホワイトまで進んでって思ってたら、ピンホール発見!!
DSC00346.jpg
う~む、なんだかゴミを噛み込んでピンホールができちゃったようです。仕方ないなぁ。まあ、1回目のサフ吹きなので、どんどん進めましょう。
2009-12-12 22:43 | カテゴリ:1/20 McLAREN M23 (Ta)
さて今日は先週盛り付けておいた瞬着を整形しましょう。
DSC00340.jpg
こんな感じで盛り上がってる瞬着を、カッターである程度まで削っておいて、ペーパーがけです。400、800、1200、2000と耐水ペーパーで磨いて、4000、6000、8000とラプロス仕上げで、こんなんなりました。
DSC00341.jpg
DSC00342.jpg
裏側にちょっと埋め残しが見えますが、今日はここで力尽きました。明日、パテ埋めとインダクションポッドを均して、ファンデーショングレーまで進みましょう。
2009-12-06 23:52 | カテゴリ:1/20 FERRARI F187/88C (Fu)
続いて、FUJIMIのF187/88C。2009年の37番、3,600円。
DSC00333.jpg
なぜかエッチングパーツはお店に来てなかったので、次回廻しです。
2009-12-06 23:50 | カテゴリ:1/20 FERRARI 312T Monaco (Ha)
師走に入ると、とたんに車は増えるしなんだか気忙しいですね。
この週末は放送大学の面接授業で終日お出かけだったのと、高校のときからの友人と半年ぶりのお茶をしてたりしたので、制作お休みしちゃいました。
ほんとは合間を見てリアウィングのパテ整形したんですが、ちょっと柔らかかったのか掘れてしまったので、瞬着で埋めなおしています。詳しくは今度の週末で!
NEW KIT入荷情報。
まずは、HASEGAWAの312T。2009年の36番、3,040円。
DSC00335.jpg
エッチングパーツも入荷、2,080円。
DSC00339.jpg
なんですが、今回の312T、メッキの処理がちょっと粗いです。ゴミや気泡が噛み込んでます。
フロントや、
DSC00337.jpg
リア、
DSC00338.jpg
まあ、ウィングのメッキは剥がして、ミラーフィニッシュを貼り付けたほうが、より実車に近くなると思うので、まあ問題がないと言えばないんですけどね・・・。