2009-10-30 23:55 | カテゴリ:制作資料のはなし
同時に届いた復刻版「アイルトン・セナ ギガ・スペシャル」
DSC00263.jpg
こっちは、FW16 や MP4/ シリーズの制作までとっておきましょう。
スポンサーサイト
2009-10-30 23:50 | カテゴリ:1/20 TYRRELL P34 1976 Japan (Ta)
今日、AMC さんから P34 用のレインタイヤが届きました、2,300円×2。
DSC00260.jpg
予想していたよりも繊細なモールドです。満足、満足!!
DSC00261.jpg
今度の3連休に早速仮組みしてみようっと・・・!!
2009-10-28 23:49 | カテゴリ:制作資料のはなし
ここのところの F1 ブームで当然のように思いつくシチュエーション・・・それは 1976 JAPAN GP のマシンの雄姿!!
ということで、モデルグラフィックス最新刊が出ました。1976 JAPAN GP の特集、M23 ・ 312T2 ・ P34 ・ KE007 の作例です。
DSC00257.jpg
どのマシンも完璧な作例で、ゆうさんも頭の中では思い描いているものの、制作技術が伴っていないので足元にも及ばないことは明らかです。
DSC00258.jpg
まあ、いただけるところは参考にさせていただいて、ゆうさんなりに完成させましょう。資料的には、F1MODELING 1976 富士F1グランプリ特集号を開きながら作っていきましょう。
DSC00259.jpg
3連休にはボディの仕上げまで進みたいものです。
2009-10-25 22:04 | カテゴリ:1/20 McLAREN M23 (Ta)
次は 1/20 M23。
DSC00255.jpg
どちらも裏側なので、この程度でどうでしょうかねぇ・・・? タミヤセメントが強力な接着力を持っていることを証明してしまったウィング表面。
DSC00256.jpg
やり直そうと思って、上下を剥がそうとしたら思いのほか強力にくっついていて、裂け目ができちゃってた部分の整形・・・終了です。
次回、両ウィングのファンデーショングレーからファンデーションホワイトの塗装作業に引き続き、両ボディ上下面のピュアホワイト塗装、M23 のコクピットフェアリングのルミオレンジ単色塗装、M23 のウィング翼端板のプライマー吹きつけからファンデーショングレー → ファンデーションホワイト → ルミオレンジ(裏側ピュアホワイト)など盛りだくさん。
今度の3連休は果たしてデカール貼りまで進めるのでありましょうか・・・!?
まずは塗装の追い込みだっ!!
2009-10-25 22:00 | カテゴリ:1/12 BRABHAM BT44B (Ta)
今日はヤボ用があったので、制作は短縮版です。
昨日追加でパテ盛りしたウィング接着面の整形です。
まずは 1/12 BT44B。
DSC00254.jpg
インダクションポッドも整形してたんですが、力を入れすぎて接着面がパキッと開いちゃったので、再接着中です。
今度の3連休は果たしてデカール貼りまで進めるのでありましょうか・・・!?
2009-10-24 23:00 | カテゴリ:1/12 BRABHAM BT44B (Ta)
パテ部分の表面処理をしておきましょう。
ペーパーで均してみると、あちこち退けているのでパテを盛って、こちらも乾燥部屋行きです。
DSC00247.jpg
DSC00248.jpg
今回、ウェーブのパテスティックセットを使って盛ってみましたが、とても使い易かったです。軟質樹脂製のパレットといろんなサイズのスティック(5種類)がそろっているので、場所に応じて使い分けできます。
こっちもドライブースに入れてと・・・、
DSC00249.jpg
ボディ上面も乾いたようなので、次の塗装工程、ファンデーションホワイトに移りましょう。
パテを盛ったパーツ以外は吹いておいて、一晩乾燥させときましょう。
DSC00252.jpg
DSC00253.jpg
明日は、パテ部分を整形して、こっちもグレーからホワイト塗装をしちゃいましょう。
2009-10-24 22:21 | カテゴリ:1/20 McLAREN M23 (Ta)
いや~1週間のご無沙汰です。HASEGAWA に注文しておいたレインタイヤが届きました。
DSC00239.jpg
モナコのスリックと日本のレインタイヤ、ブレーキダクト部品取り用のクリアパーツ各々1個ずつです。
早速、制作中の M23 のフロントホイルとあわせてみましょうか?
DSC00244.jpg
タイヤの内径とホイルの外径はほぼ合ってそうですが、タミヤの純正タイヤにはリップがついているので、ホイルが中高になっています。対して HASEGAWA の タイヤはリップ無しで横1直線です。ホイルの中高部分を削らないとホイルとの密着感がでませんね。逆にリアはタミヤのホイル外径よりタイヤの内径が大きくスカスカです。こちらは方法を考えないといけません。
M23 ボディ上部のサフですが、ユズ肌がキツイのでもう1度シャブ漬けして、ファンデーショングレーの吹き直しです。
DSC00245.jpg
今度は大丈夫そうです。ドライブースで乾燥させといて、パテ部分の表面処理をしておきましょう。
ペーパーで均してみると、あちこち退けているのでパテを盛って、こちらも乾燥部屋行きです。
DSC00248.jpg
今回、ウェーブのパテスティックセットを使って盛ってみましたが、とても使い易かったです。軟質樹脂製のパレットといろんなサイズのスティック(5種類)がそろっているので、場所に応じて使い分けできます。
こっちもドライブースに入れてと・・・、
DSC00249.jpg
ボディ上面も乾いたようなので、次の塗装工程、ファンデーションホワイトに移りましょう。
DSC00250.jpg
DSC00251.jpg
パテを盛ったパーツ以外は吹いておいて、一晩乾燥させときましょう。
DSC00253.jpg
明日は、パテ部分を整形して、こっちもグレーからホワイト塗装をしちゃいましょう。
2009-10-18 22:49 | カテゴリ:1/12 BRABHAM BT44B (Ta)
ファンデーショングレーが大量にできちゃったので BT44B のボディも吹いておきましょう。
DSC00235.jpg
こっちのボディは大丈夫そうです。ついでにウィングパーツもね。
DSC00237.jpg
BT44B はメインウィングのパテ盛りを整形して吹けば、サフ終了となります。こっちの本吹きはピュアホワイトのみなので、意外に早いかも・・・!?
2009-10-18 21:27 | カテゴリ:1/20 McLAREN M23 (Ta)
やっぱり M23 のボディ上面はザラザラで修復不可能なようなので、シャブ漬け行きとなりました。シンナー風呂に入ってきれいな身体になってもらって、サフのやり直しです。
DSC00233.jpg
それでも若干濃かったようで、少しユズ肌になってます。途中でピュアシンナーを追加しましたが、どうでしょうか?
DSC00234.jpg
次回、様子を見ることにしましょう。
2009-10-17 22:44 | カテゴリ:ツール・塗料などのはなし
机の整理の一環として、エンジンウォッシング用の塗料を調合しときましょう。TAMIYA のスペアボトルにエナメル塗料のフラットブラックとオレンジを 1:1 で混ぜ込んでおきます。
DSC00231.jpg
これだけあれば、死ぬまで F1 作ってもエンジンウォッシングには困りそうにありませんね。ヨシヨシ。
さてさて、2枚目の LIGIER JS11 デカールも再生なったようで、次の獲物を探さなきゃね!!
DSC00232.jpg
明日は、サフの具合を確認して、ピュアホワイト塗装までいっちゃいますか・・・!?
2009-10-17 22:42 | カテゴリ:1/20 FERRARI F2007 Brazil (Fu)
昨日、スノースピーダーを買って帰って、メールチェックをしたら、〇ディオさんから、週末10%引きのDMメールが来てました。う~む、1日はやまってしまった! せっかくなので、FUJIMI の F2007 と エッチングパーツを購入してきました。2009年の31番、3,402円、2,192円。
DSC00224.jpg
DSC00226.jpg
ゆうさんの好きなライコネン搭乗機が増えました。なにしろ、ワールドチャンプ獲得GP仕様ですからはずせません。お次は TAMIYA の F60 ですな。ライコネンが優勝したスパ仕様はちょっと苦しいかもしれませんが、ライコネンの愛機ですからこちらもはずせません。
2009-10-17 22:39 | カテゴリ:1/20 McLAREN M23 (Ta)
今日は、M23 のサフ吹きだす。吹いてはシャブ漬け、吹いてはシャブ漬けの繰り返しで結構エアブラシに慣れてきたみたいです。
DSC00228.jpg
ただ最初に吹いたボディ上面は、塗料が濃かったようでザラザラになっちゃいました。ピュアシンナー 9:1 いや、10:0 くらいにゆるゆるで吹いて、修復を試みましたがイマイチですね。明日状態を確認して対処を考えましょう。
DSC00229.jpg
ドライブースで一晩おいておきましょう。
2009-10-16 23:50 | カテゴリ:1/48 X-WING FIGHTER (Fi)
キラリと光ったモノとは・・・!?
DSC00220.jpg
1/48 X-WING FIGHTER 限定仕様 ゴールドメッキ C-3PO メタルフィギュア付でございます。
2009年の30番、4,200円。思わず手にとって、レジへ向ってしまいました。
光り輝くメタル製 C-3PO です。
DSC00221.jpg
KITには、プラ部品で R2-D2 も単体で用意されてるので並べて置けますよ。
これで、ファインモールドのスターウォーズシリーズ全作品がそろってしまいました。1/72 X-WING FIGHTER は2機買っているので、早めに1機作ってみようかなぁ・・・!?
いやいや、まずは M23 を完成させるのじゃ!!
2009-10-16 23:46 | カテゴリ:1/48 SNOWSPEEDER (Fi)
今日は週末、仕事が早目に終えたので、帰りに〇ディオさんへ寄ってみました。お目当ては、そうですファインモールドの新製品“スノースピーダー”です。2009年の29番、2,352円。
DSC00223.jpg
結構地味な個体なので、入荷数も少ないだろうし、まだ残ってるかなぁ・・・と覘いてみたらありました、2コ。さて買おうと手を伸ばしたその横に、キラリと光るモノが・・・!?
2009-10-11 23:50 | カテゴリ:1/20 TYRRELL P34 1976 Japan (Ta)
先ごろTAMIYAから発売された6輪タイレル(ゆうさんの子供のころの呼び方ですな)JAPAN GP バージョン(当時のタイトルは“F1選手権インジャパン”でした)は、残念ながらノーマルタイヤを履いてます。
先日もUPしたように、ゆうさんの手持ちのKITでレインタイヤ仕様は、312T2にKE007の2台。
ノーマルタイヤ仕様は、P34 2台と今制作中のM23の3台。
ここに良いニュースが舞い込んできました・・・P34のレインタイヤが出るのです。
もちろん、TAMIYAからではなくて、AMCさんから発売予定です。レジン製ですがタイヤ部分のみです。思わず2SET(6本×2=12本)発注してしまいました。これで残るはM23のみ!!
HASEGAWAのカスタマーサービスで312T2レインタイヤをGETしよう。ついでにTAMIYAのT3用にブレーキダクトも発注しておこうっと。
う~む、こうなってくると次の1/20 制作KITはおのずから決まってきますなぁ。
そうです、ワールドチャンプ:ジェームス・ハントを抑えて、堂々の2位表彰台を獲得した、パトリック・デパイユの乗る、1/20 TYRRELL P34 SIX WHEELER 1976 JAPAN GP (うぅ、長げー)となるでありましょう。
2009-10-10 19:12 | カテゴリ:1/20 McLAREN M23 (Ta)
今週は仕事が忙しく連日帰宅が夜遅くなってたので、今日は昼まで、爆・・・してました。
まず手始めに、MAGNA50 と BT44B 、YZR500 の作りかけのパーツを箱にしまっておきました。切り出して塗装したまま放置していたパーツはほこりまみれになってましたね。イカンイカン!!
1/20 McLAREN M23 だけにすると、作業机って結構広かったんですね~っ!! 快適快適!!
サフがイマイチだったボディの表面処理。前回押し出しピン跡に盛っておいたパテ部分を均しておきましょう。
次回、サフ吹きできるようにボトルキャップにセッティング。
DSC00217.jpg
これでヨシっと!!
DSC00218.jpg
こっちは次回本塗装1回目、ピュアホワイトだな。
DSC00219.jpg
さあて、気候も良くなってきたので、ここからエンジン掛けていきましょう!!
2009-10-04 22:58 | カテゴリ:1/12 YAMAHA YZR500 (Ta)
昨日 MAGNA のサフを落としながらちょっと考えました。同系統のボディ色だからといって、並列で制作するのは我ながら無理があります。今まで何度、シャブ漬けして塗装を落としたことでしょう!!
ここで決断します。1/6 HONDA MAGNA50 を当分の間(どれかひとつ完成するまでです)封印します。
ここのところの1/20 F1KIT新作ラッシュで、1976 JAPAN GP 仕様が目立ちます。HASEGAWA の FERRARI 312T2 にTAMIYA の TYRRELL P34、 さらに在庫の FUJIMI の レジンキット KOJIMA KE007。
ここに '76 日本GPでジェームスハントがワールドチャンピオンを決定した 1/20 McLAREN M23 が加わると、ちょっとしたジオラマが出来上がります。ただし、M23 と P34 がレインタイヤじゃないんですけど・・・そこは我慢するとして・・・。
ということで、Main を M23 とします。次に、1/12 YAMAHA YZR500 を完成させましょう。何しろ部品点数が少ない!!
1/12 BIG SCALE シリーズのF1 はボディがデカイ!! 今の貧弱な塗装テクニックでは、心許ない限りです。できるだけ 1/20 F1 や 1/12 オートバイシリーズでテクニックを磨いてから、BIG SCALE に挑みましょう。
で、今日の制作。M23のボディの押し出しピン跡をパテ埋めしておいて、YZR のタンクの黄色塗装。
DSC00214.jpg
DSC00216.jpg
写真ではよさそうに見えますが、下地処理があまいのでキレイに発色してませんね。コイツもシャブ漬けですね。ファンデーションホワイトからやり直しです。
来週から、ボディパーツをひとつずつ丁寧にエアブラシ塗装していきましょう。
さて、今日から次のデカール漂白です。LIGIER の 2枚目。昨日の出来上がりと今日スタートの比較写真を載せときます。説明はいりませんよね。
DSC00213.jpg
最初は同じくらい、いやもっと黄ばんでましたが、見違えてしまいますよね。
2009-10-03 23:23 | カテゴリ:1/20 McLAREN M23 (Ta)
じゃあ、気分を変えて、M23のリアセクションに取り掛かりましょう。
DSC00206.jpg
エンジン・ミッション・リアアップライト等、仮組みしながら組立です。
DSC00208.jpg
DSC00209.jpg
工程からすると、ボディにエンジンを取り付けてからカムカバーを接着するんですが、ないとお間抜けなので、仮組みしといて、お写真を1枚!!
DSC00211.jpg
DSC00210.jpg
なかなかよろしいですな。さてさて、1/20 M23 と 1/12 BT44B ともに、フォードDFVは出来上がりました。残るは F1模型の花形、ピカピカのボディ!!
サフを表面処理して、ホワイト塗装、M23はルミオレンジを重ね塗り、デカール貼り、クリア掛け、研ぎ出し。先は長いけどコツコツ進めていきましょう。
デカール日光漂白、結果報告。
DSC00205.jpg
1/20 LIGIER JS11 デカール、復活です。
2009-10-03 22:50 | カテゴリ:1/6 HONDA MAGNA 50 (Ta)
前回吹いたMAGNA50のサフですが、ちょっと使い物になりそうにないのでスタートラインまで戻ります。
シャブ漬け用のうすめ液に漬け込んでお洗濯・・・!?
DSC00202.jpg
というわけで、MAGNA50は振り出しに戻っちゃいました。
DSC00212.jpg
少々の手直しで進められるような塗装じゃなかったので、仕方ないですね。気を取り直して、明日またサフ吹きからはじめましょう。