2008-07-12 23:00 | カテゴリ:制作資料のはなし
昔は今と違って、F1の情報なんて東洋の島国にはほとんど入ってきませんでした。オートスポーツ系の月刊誌に、カラー写真が1~2枚、モノクロ写真が数枚というのが定番でしたね。動いているF1マシンなんかほんとに見たことがありませんでした。そのころに出会った映画がこれです。いや~っ、はまりまくりましたね~。大枚はたいて、何度も映画館に見に行きました。
DSB10065.jpg
何しろ、この間作ったタミヤのF1が動いているんですから・・・。ニキ・ラウダが、マリオ・アンドレッティ、ジェームス・ハントが、しゃべって、ドライブしているんですから・・・。
このDVDはこの間(ちょっと前になるかな)発売されたのですが、当時の感動が忘れられず即、購入してしまいました。久しぶりに今、観なおしてみると、製作資料としても充分使えそうです。さらに、こちらも当時はまった映画です。
DSB10064.jpg
右の「F1グランプリ 栄光の男たち」が当時一番最初に封切りでしたかね。
ゆうさんの一番のお気に入りのジャッキー・スチュアートが出演してて、さらにコースを解説までしているのですから、もうたまりません。当時のスチュアートのマシン、ティレル006が、スチュアートのドライブで、スローモーション映像で見られるのです。もう最高です。
ティレル006は、過去から現在まで、プラモデルとしては出ていず、ブラジルのメーカーからレジンモデルで販売されてます。地方で手に入れるのは難しいので、名古屋のラクーンオートさんと大阪のロムさんでそれぞれ1台ずつ、計2台購入してしまいました。この映画のスチュアート・セベールの1・2フィニッシュでも作りましょうかねぇ。
この棚の右側の白箱2箱がそうです。
DSB10040.jpg
スポンサーサイト
2008-07-07 00:18 | カテゴリ:1/20 McLAREN M23 (Ta)
ゆうさんがF1模型に目覚めたころは、1/12の模型はとても高価で、普通の家庭の少年には、おいそれと手が出せるものではなかったのです。そこをうまく考えたタミヤさんは、1/20のF1モデルを出してきたのです。しかも、続けざまに何台も・・・。
今では、実際のF1レースでもほとんど見ることができなくなった、タバコ広告バンバンの時代でしたね。当然、F1モデルでも、マルボロマクラレン、JPSロータス、リジェジタン等々とてもハデできれいでしたね。まあ、当時はタバコの広告だとは思わなかったのですが・・・。
当時の、冷や汗ものの1台です。なんと、まったく塗装をせずに、素組みです。デカールはかろうじて貼ってますけど、それも途中止めです。今となっては、よく捨てずに置いておいたな、と思いますけどね・・・。
DSB10042.jpg
DSB10046.jpg
2008-07-04 00:40 | カテゴリ:1/12 LOTUS type78 (Ta)
スーパーアグリ引取りのついでに、タミヤのLOTUS78再販物が入荷していたので、あわせて購入しました。
へへへへ、でも製作に取り掛かれるのはいつになるやら・・・。
2008年の02番、7,360円。
DSB10052.jpg
2008-07-04 00:38 | カテゴリ:1/20 SUPER AGURI SA07 Canada (St)
今年のF1シーズンのニュースといえば、スーパーアグリ撤退ですかね・・・。ここ数年、本家HONDAがピリッとしない中、一服の清涼剤的な存在でしたね。
模型の世界では、STUDIO27さんがレジンモデルでスーパーアグリをいくつか製品化していたのですが、なまくらモデラーのゆうさんとしては、なかなかレジンには手が出しにくかったです。
それというのも、レジンモデルは少量生産のため価格が高めになってしまうことと、プラとはまったく違う素材のため製作の経験値がほとんどないためなのです。
しかし、先日、STUDIO27さんから、アグリモデルの生産中止、在庫分のみの販売で終了との発表がありました。そこで、さすがのなまくらモデラーのゆうさんも、考えた末、いつもお世話になっている、プラネットさんへメールで注文してしまいました。
で、入荷の連絡があって、早速購入してきました。
2008年の01番、17,820円。
DSB10056.jpg
DSB10057.jpg