2008-06-29 00:28 | カテゴリ:模型なゆうさんのはなし
今から40年ほど前ですかねぇ、ゆうさんが模型を始めたのは・・・。
学校近くの模型屋さんに入り浸っていたゆうさんは、少ない小遣いをやりくりしながら、模型を作っていました。塗料を塗ることもせず(いや、始めは色を塗ることなど知らなかったのです)ナイフでランナーから切りはずし、キットに付いている接着剤で、ペタペタと説明図通りに組み立てておりました。
中学、高校と進むにしたがって、色を塗ることを覚えて、夜遅くまで、せっせと塗っては、翌朝爪に塗料のマニキュアをしたまま登校していました。
メカに興味のあったゆうさんは、そのころタミヤからリリースされた、1/12ビッグスケールのF1プラモデルにはまっていくのですが、なにぶんにも少年の身には、高価なキットでした。毎月届く、タミヤニュースの新製品コーナーを指をくわえて眺めていたものです。
大学時代、東京で一人暮らしをしていたときに、すし屋でアルバイトをしながら、キットを購入し、曲がりなりにも色を塗って仕上げていました。お世辞にも上手とは言えないモデラーでしたね。当時作ったものは、郷里に戻るときに荷物と一緒に持って帰ってきました。
最近になって、そろそろ髪に白いものも増えてきて、F1も毎レース、フジテレビ721で生放送で見られるようになって、無性にF1キットが作りたくなってきたのです。
そんなわけで、ヤフオクやネットショップ、地元の模型店を探し回って、コツコツ集めて模型部屋にストックしています。棚の一部がこれです。
DSB10039.jpg
スポンサーサイト
2008-06-28 02:06 | カテゴリ:模型なゆうさんのはなし
ついにブログ、オープンです。
模型なゆうさんの、模型なお部屋のはじまり、はじまり~。